« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

2012年8月18日 (土)

夏のイベント part.3



2012年8月14日 (火)

夏のイベント part.2

前回に引き続き、お菓子のLessonの夏のイベント...

台湾粽の講習と一緒に 成り行きでわたしが教えることになったベトナムのスープ
教えることが決まってから、スープの種類を選ぶのに正直ものすご〜く悩みました。
以前ベトナムで習った料理にスープは、あったけど...
”Canh chua”(カイン・チュア)
不思議な甘酸っぱいスープ。。。
あの味が粽に合うのか、あの味(日本にはない味、今まで食べたことがないような味)がみなさん大丈夫なのか...
ハァ〜、、、、難しい
悩んでも仕方ないので、このスープで行こうと決めたのは2週間前でした。
それまでにも 習ったレシピの通り自分で何度か作っていたのですが、ベトナムで習った味ともベトナムで食べた味とも微妙に違う気がして...
みなさんに教えるのには 納得できず、とうとう三ノ宮のベトナム料理店『タン・カフェ』に食べに行ったのでした。
そこで、タンさんにタマリンドウォーターの作り方のアドバイスを頂いて 家で再チャレンジ
今度は、納得の行く味に仕上がりました。
あぁ、これでみなさんにお伝えできる...

でもね、”Canh chua”を作るなら やっぱり のこぎりコリアンダーを使いたいなぁ。。。
友人に黒門市場にあるタイマーケットならあるかもと聞いて取り置きをお願いして買ってきました。
Cimg1848rotated_stampresized

のこぎりコリアンダーは、東南アジアではメジャーなコリアンダーです。
日本でよく見るコリアンダーと全く違う形をしているのに、匂いは全く同じです。
どちらかと言うとキツイかも...
(タイでは、パクチーファランというそうです。もし、タイマーケットにお願いする時はのこぎりコリアンダーというよりもパクチーファランの方がいいかもしれません。)

後、”Canh chua”に欠かせない材料として はす芋が出てきます。
でも、スーパーで普通に売ってるようなものじゃないし...。
わたしは 日本でも割りと簡単に手に入る野菜で作ることにしました。
が、偶然 黒門市場の八百屋さんで はす芋を発見
みなさんに はす芋を見ていただきたいし、コレも買ってしまいました。
今回作ったレシピにはありませんが今回は、はす芋も使っています。

さて、前日に時間のかかるタマリンドウォーターを作っておいて下準備完了です。

当日、自分のレシピのことよりも教えていただく粽に悪戦苦闘...

粽を包むのも終わり、いよいよです。
なんとかみんなにお伝えして 作り上げました。
味は、みなさん最初 ものすご〜く驚かれましたが 大丈夫だったようです。
おいしいと言っていただけました。
あぁ、よかった。。。

Canh chua tom rau muong
Cimg1857w_stampresized

自分の中では、けっこー満足の行く味に仕上がっています。
詳しいレシピは、また次に...



2012年8月12日 (日)

夏のイベント part.1

毎日、暑いですねぇ〜
早く涼しくならないかなぁ。。。
暑い時には、ちょっとエスニック系が食べたくなります。

今月のお菓子のLessonはお休みなのですが、その代わり夏のイベントがありました。
いつも一緒に習っている生徒さんで台湾料理に精通している方がいらっしゃるので、
彼女が先生になってお料理教室が開催されました。
(その時、成り行きでなぜかわたしもベトナムのスープをみなさんに教えることに...
大丈夫かわたし...

まずは、台湾料理教室です。。。
今日は、粽を習います。
わたしの中での粽のイメージは、おこわが笹の葉に包んであるというモノでした。
551で売ってるイメージです。
今回の粽もイメージ的には合っているのですが、最も驚いたのは笹に包んだ状態で茹でるということです。
えぇ〜、、、、、蒸すんじゃないんですね。
なんでも、台湾北部の粽は蒸すそうですが 先生がお友達のお母さんに習った粽は南部の粽で茹でるそうです。
へぇ〜、お米って茹でてもご飯になるのね。と妙なところで関心。。。
(そう言えば、イギリスの家庭で食べたチャーハンは、お米をパスタのように茹でて その後炒めてたものね。。。

工程の写真は、作るのに夢中でほとんどありません。。。
とりあえず、少し撮った写真を...
まず戻した干しエビや生ピーナッツ・もち米を調味料と共に炒めます。(お米に3割程度火が通る?まで。)

Cimg1852_stampresized

この後、笹の葉に包んでいくのですがその肝心な写真はありません
包むのが難しくて、みんなで悪戦苦闘...
撮影どころでは、ありませんでした。。。
包み方を失敗すると茹でている間に、溢れ出してお鍋の中でおかゆが出来上がるそうです。
キャー それだけは...
粽を縛る紐は、なんでも12本束ねてそれで1つずつ縛っていくそうです。
(12は、幸せの数らしく束ねる紐は12本と決まってるそうです。)
なので、結び方を失敗すると持ち上げた際に ほどけてせっかくの中身が溢れ出すということに...
ものすご〜く時間をかけて わたしの束が完成...

Cimg1894rotated_stampresized

それから、みんなひたすら作り続け...
どんどん茹でていきます。

Cimg1854_stampresized

まるで、台湾の屋台の様です。。。
今回は、肉入り粽と甘いあんこ入り粽の2種類を作りました。
あんこ入りは、もち米を重曹入りのお水につけておくので蒸しあがるとほんのり黄色っぽくなります。
トータル100個近く作ったんじゃないでしょうか
(誰もおかゆになった人はいませんでした。よかったよぉ〜

その後、わたしのベトナムのスープ”Canh chua”(カイン・チュア)を作って テーブルをセッティングしていただきました。

Cimg1856w_stampresized

ん〜、好吃
お茶は、中国茶で蘭の花の香りのするお茶でした。
粽もお茶も おいしいよぉ〜
(はっ粽を開けた写真撮り忘れました。。。

デザートは、本日の先生が作ってきてくださった”緑豆しるこ”です。
本場では、白玉団子は入れないそうですが 入れるとおいしいからと先生。
なんだか見た目ベトナムのチェーみたいです。

Cimg1860_stampresized

あっさりした優しい甘さで、ホッとする味です。
どれも、おいしくいただきました。
たくさん粽を作ったので、みんなで分けてお土産に
本当に、とても楽しい夏のイベントでした。

ごちそうさまでしたっ

**********************************************
後日...
粽を食べる時に開けた状態も撮ってみました。

肉入り粽
Cimg1897_stampresized

あん入り粽
Cimg1903_stampresized

わかりにくいですが、あん入りは ご飯がほんのり黄色でしょ

わたしの作ったベトナムのスープの話しは、また次回に...



« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト

OCNお弁当クラブ

  • こちらで、お弁当Staff(2期生)をしていました。↓
    OCNお弁当クラブ

Bistroグルっぽ

  • こちらで、Bistroサポーターをしていました。↓

クリエーコ

  • こちらでも、手作りブログ記事が読めます。↓
    手作りクリエイターブログ|OCN手作り趣味レシピ「creaco(クリエーコ)」
無料ブログはココログ

ブログ村

  • ブログランキング・にほんブログ村へ